美容皮膚科と一般皮膚科の違いとは

一般皮膚科と美容皮膚科、同じ皮膚科ではありますが、実は施術には大きな違いがあります。

一般皮膚科は湿疹やニキビ、水虫や火傷など皮膚病治療に、ホクロやいぼの除去といった治療を行うのが特徴です。ほとんどの場合、保険が適用される治療となっています。美容皮膚科も一般歯科と同じような治療を行っていますが、それにプラスしてアンチエイジングや美肌、脱毛といった肌を美しくする治療を行っているクリニックです。例えば、ケミカルピーリングやイオン導入などの美容医療や、最新の美肌治療などを取り入れ、肌を美しくする事に特化した治療を受けられます。

一般皮膚科の場合、ニキビ治療では抗生剤の処方や、面皰圧出というニキビの膿を押し出す治療が基本です。一方、美容皮膚科の場合、ケミカルピーリングにイオン導入、レーザー治療など様々な美容医療を駆使し、ニキビ治療を進めます。より攻めた治療を受けられるので、よりニキビの治りも早くなるのです。

また、これらの美容医療は肌質を改善する効果もあるので、ニキビができにくい肌に変化します。一般皮膚科では治療してくれない、お肌の悩みやコンプレックスにも応えてくれるのが、美容皮膚科の治療なのです。美容医療は自由診療ですので、やはり費用はそれなりにかかってしまいます。ですが、治療によってお肌のは格段に綺麗になりますし、それでコンプレックスを解消できるのであれば、安い買い物と言えるのではないでしょうか。
銀座の美容皮膚科のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です