美容皮膚科での施術の種類と効果

美容皮膚科は肌の悩みや劣化に関する改善を目的としたクリニックで目的と用途に応じてさまざまなコースがあります。

かかる時間や効果、持続の程度はそれぞれ異なりますが、一番手軽な美容成分を部分的に注入、あるいは皮下注射で全体にいきわたらせるものです。ヒアルロン酸やプラセンタなどによる美顔のほか、ボトックスによるしわ取り、また最近では血小板を注入することで得られるアンチエイジングなども注目を集めています。時間も数分程ですむことが多く、腫れなども目立たない利点があります。

ただ体の中で有効成分は消費されていくので永続させるためには定期的な利用が必要です。比較的新しい施術でありながら現在美容皮膚科におけるトレンドのひとつになっているレーザー、あるいは高周波による美顔術やアンチエイジングは顔に傷をつけずに皮膚科の細胞を活性化させることができるのが特徴で、新陳代謝にあわせて数回行うことで見てわかるほどの効果を実感できるうえ、体内の細胞分裂の促進を利用するので自然な仕上がりが大きな利点です。

安全性が高く、肌のターンオーバーにあわせて数回で処理が済む事がほとんどです。糸による施術は大きくわけて、皮膚の一部をとめてリフトアップをはかる目的のものと皮膚科に金糸を埋め込んでコラーゲンの再生をサポートするタイプのものがあります。一番本格的なのものがメスによる切開手術で希望通りの外見に近づけますが、ダウンタイムも長いので入院が必要なうえ、美容皮膚科医の腕が結果を左右します。

東京で医療脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です