丸子橋の下でのバーベキュー

丸子橋の下は多摩川の河川敷ともなり、自然に囲まれた場所なのでバーベキューをするのにもぴったりです。
自宅の庭にバーベキューをする場所があるという家でも、隣近所の人に焼いた時のにおいや仲間と騒いでしまう声で迷惑をかけてしまいがちです。

多摩川でバーベキューの有益性の紹介です。

また、周りの景色も住宅に囲まれていることになりますが、丸子橋下であれば近場でありながらも自然を満喫できて周りを気にすることなくリフレッシュができます。



丸子橋下でバーベキューをしようと思った時には、たくさんの道具を用意する必要があります。焼いて食べるためには、グリルや網だけでも行うことができるのですが、みんながゆっくりとくつろげるようにテーブルや椅子、テントなどの道具も必要になってきます。

また、食材や飲み物も冷えた状態で持って行きたいものであり、クーラーボックスも欠かせません。

とくに、夏の暑い時期になると食材がいたんでしまいがちであり、食中毒などの危険性も持っています。クーラーボックスは、中に保冷材も必要になるので、事前に凍らせて用意しておく必要があります。
食事をするためにはお箸とお皿が必要になるのですが、川沿いであることから風が強く吹いて飛ばされてしまったり落としてしまったりと不便なこともあります。



網焼きスタイルもいいのですが、串刺しスタイルであれば焼いた後にそのまま食べることができるので便利です。

自宅で串に刺した状態で持っていけば、到着してすぐに焼き始めることができます。